スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芝居をはじめてまもなく、いつも同じダメ出しをもらう人へ。

以前の日記で「肩の力を抜くこと」は、どうやら「留まらないこと」らしい、と書いてそういえばそれしか書いてなかったなぁ、ってことで頼まれてもないのにもう少し詳しく。

「肩に力が入ってる」と言われる人で「エチュードの時は自然なのに」と追加された事がある人はいませんか?

エチュードってのは即興のお芝居。台詞も段取りもない。
ちょっとテンション高くなるけど、実はやっていることは普段と同じ、ただの会話。
シチュエーションが奇想天外になっても、普段と同じ、ただの会話。

エチュードの時はいいと言われるということは、エチュードの時には出来ていて、台本を読むと出来なくなる何かがあると言うことです。


ここで誰かと会話しようとするときに、どういう作業をするのかを整理してみる。
そうすると発信の作業よりも受信の作業の方が比重が大きいなぁと思うわけです。
相手の気持ちと無関係に一方的に話す人でない限り、相手の言葉を聞くだろうし、相手が話しやすいよう考えるだろうし、相手の次の言葉を待つだろうし・・・・・・エトセトラ、エトセトラ。


そしてその受信の作業を役の上でも実行していることこそ「留まらない」の第一歩だと思うわけです。


・・・ちょっと待ってね、思考がどんどんバラバラに。
はいはい、まとまってくださーい。



じゃあ、「肩に力が入ってる」の言葉が違うバージョンをいくつかあげてみましょう。


セリフにフシがある
セリフに抑揚がある
会話してない
やろうとしてる
どんな気持ちでセリフ言ってるの?
気持ちになってないのにセリフを言うなよ


おお、あげればきりがない、言われ続けるこの言葉たち。
思い出せないくらい、 手を変え品を変え言われ続けます。
これらは全て、同じ問題を指摘していると思われます。


これらの指摘を受けると大抵、発信の作業に関心が向きます。
セリフをどう言えばいいのか、と。

発信を工夫し続けて経験を積むことで、いつしかなんとなく克服していく、事も可能でしょうしそういう方もいるでしょう。

でも、回りが経験によって解決しているその時間を、ギュッと凝縮する時短アイディアが、受信作業をこそ見直そう!なわけです。


セリフひとつにしても、いつどこで誰が何をなぜどのように言ったか、と読み取るべき情報はたくさんあります。
情報を受信し、その情報によってどう発信するか「選択し続ける」。

これが私の思う、肩の力を抜くの正体です。



うふふ。
だいぶまとまった!
でも超長い!
誰か読む人いるのかな。
まぁいいや。



ひとところに留まらず選択し続ける為には、発信することにとらわれない他にもいくつか注意するべき事があります。


「役にとらわれない」
私の役はこう!と決めてかかりすぎると、選択の幅が極端に狭くなります。
むしろ逆に行く!くらいのアクティブさがあってもいいと思います。

「演出にとらわれない」
演出家の言葉、また演出そのものにこだわり過ぎると、以外と演出家が満足してなかったりする。
指針にしましょう、くらいがちょうど良さそうです。

「元気でいる」
これは、すごく大事。まじで。
健康でないとまともな稽古はできないです。
心の健康もまた大事。
別れ話するかもしれない日の、次の日の稽古は早めにNG出しときましょう。

また、選択に重要なのはそれが「役の人」の選択かどうかの見極めです。
受信した情報を感じているのは、自分ではなくあくまで「役のひと」。
前述した「役にとらわれない」と矛盾しているように感じるかも知れませんが、全く別問題です。







長くなったなぁ。
でもまぁ、現段階の記録として。

Comment

非公開コメント

プロフィール

成

  • Author:成
  • 1981年生まれ
    福島県出身
    射手座
    B型
    末っ子
    丸い女
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カウンタ。
FC2カウンター
今見ててくれてる方の人数。
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。