スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くにいてね。

私の中の分類に、「芸術家」とか「アーティスト」と呼んでいる方々がいる。
その人達の大半は、実際にアーティスティックな活動をしていて、そして私は大抵、苦手だなぁ、と思うわけだ。


誤解して欲しくないのは、好き嫌いで言えば好きだし、人によっては憧れているとさえ思う。



ただ!ただ!!
苦手なんだ。

あの独特にナイーブそうな雰囲気。
口が災いをもたらしまくっている私のようなものが、へたに近づきゃズッタズタにする自信がある。
基本的に、何考えてんたがよく分かんないし。


触るな危険!!と警報がうるさい。




で、たまにその「アーティスト」が舞台に出ているのを見かけるわけですが、その繊細なようで大胆な演技。
上手ってわけじゃないのに、でもあれって実は計算してやってる?と思わせる不思議。


理解不能なその魅力はもう、私なんかには宇宙人だ。



羨ましい。
羨ましいぞ「芸術家」!




この間拝見した『ワルツ』にもいた。
更地で知り合って以降その方のアーティストっぷりに注目していたわけだけど、
『ワルツ』の中で主人公にダンスを踊るよう話す短い会話、あれがすごく好きだった。

すごく良かった。




その方は、飲み会などで近くにやってきては子犬のようにキラキラした目でこっちを見て、もの言いたげなくせに言葉が出てくるまで時間がかかり、結局私が一方的に挨拶している間に違う人との会話が始まっちゃう、みたいな関係だ。


でもいいや。
だってほら、アーティストアラームが鳴っている。

Comment

非公開コメント

プロフィール

成

  • Author:成
  • 1981年生まれ
    福島県出身
    射手座
    B型
    末っ子
    丸い女
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カウンタ。
FC2カウンター
今見ててくれてる方の人数。
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。