私ヒット。


青森の日本酒です。







見た目は全力でふざけてるのにすごく美味しい。

しっかりした酸味があって香りすっきり、やや甘めです。

これ、好きです。



見た目の全力さ加減も含めて嫌いじゃない。

夏にバーベキュー的な時でも美味しく飲めそう。



調子にのって腰抜かすほど呑んじゃうやつの代表みたいな味でした。

期待していたよ。


ハマケンさん!
出た!

歌うかな!?
歌ってほしいな!!

やりたい放題、というコース。

まんまとほっけを食べた挙句に。


特製肉肉定食!!


ほっけ所望中。

ここ数年、北海道の昔の番組ばっかみてる。

福島の地名よりも北海道の地名の方がピンと来たりする。



おにぎりも放送しないかなぁ。

みたいなぁ。



やべー。
またさっこさんに「内容がTwitter」って言われるブログになるぞこれ。


まぁ。
いいか。

寒の戻り。









もうこれは。。。

本気のやつじゃない。。。

辞めるのはやめてね。

毎日毎日通う場所。

コンビニ。


意識してないけど、毎日入ってます。

コンビニ。


福島に帰るとほとんど行かないんですけどね。

コンビニ。




現在の自宅から一番近いコンビニに、私が思う「理想のコンビニ店員さん」がいらっしゃいます。

近すぎず遠すぎず。おざなりでもないけど親切すぎない。そつのない丁寧さと、踏み込まれない安心感。言葉は明瞭で少なく、いつ行っても安定していて誰にでも変わらないサービス。

理想。
まさにコンビニスタッフとして素晴らしく理想的。



あまりに感動的に「ちょうどいい」ということ。

名も知らぬコンビニ深夜スタッフの彼を、私は尊敬していたのです。




そんな理想店員は長袖の制服を着ていても分かるくらいに毛深い方。

コンビニ店員さんの手もとって見ちゃいません?
レジで向き合っている時に、はっきり目を見るのもおかしな距離だし、なんとなーく動いている手もとを見ますでしょう?

私の理想店員はその手もとだけでも分かるくらいに毛深い方なわけです。

まぁ、この人のひとつの特徴としておぼえやすいなぁ、くらいの印象で、「それにしても今日の接客もカンペキだなぁ」と感心しつつ彼の手の動きをぼんやり眺める毎日を過ごしていました。





とある日、いつものように理想店員のレジ打ちを眺めていると、ある衝撃的な事に気づきました。




あ!手の毛を処理してる!!!




・・・・・以下、妄想。

気のいいオーナー夫人が彼を呼び出し、言いにくそうに彼に告げます。
「気を悪くしないでね?・・・嫌がるお客さんがね。いるみたいなのよ。だからね、手のところだけでも何とかならないかと思ってね。」
全てを察した彼は笑顔で答えるのです。
「すみません。明日にはちゃんとしてきます。」
彼は帰宅前にドラッグストアに立ち寄・・・・・・・・・





ちくしょう!
誰だ文句言いやがったのは!!
彼がコンビニ辞めたら責任取れよこのやろう!!
ふんっ!こんな世の中クソくらえ!!





勝手にファンになり、勝手に憤り、勝手に世をうらむ。

何かといそがしい最近の私です。

みたい。

気に入ったものは、繰り返し繰り返し繰り返して観たり聴いたりするのですが、その中でもダントツで繰り返し観ているのが「フレンズ」。



ある時同居子ちゃんが半笑いで言った。



「・・・またそれ見てんだ」



同居子ちゃんが引くほどに何度も観ているのだなぁ。




シットコムと呼ばれるジャンルのものが好きなのです。
なんか、役者さんの芝居が舞台っぽいのが好き。
吹き替えでも字幕でも楽しいところも好き。



そしてね。



「フルハウス」のスピンオフ「フラーハウス」ってのがはじまるらしい。

吹き替え版の予告がもうね。



観たいよー。
観たいよー。
観たいよー。

少しずつその気に。

知人からウチの近所の美味しい焼肉屋さんを紹介頂いた。

ので。

同居子ちゃんを引きずって即日来店!!



どうしよう。。。

安い上に、すごく、すごく美味しかった。。。




今まで存在に気づいていたのに何となく素通りしていた近所のお店に、こんなに美味しいところがあるという発見。

嬉しいね。
楽しいね。


これはまた来なくては!
来なくては!なんだけどもだ。大きな問題はだ。

ウチの近所を引きずり回せるのが同居子ちゃんくらいだというウチの立地と、美味しいものの為ならある程度の散財は厭わないという私の悪癖に賛同してくれる同居子ちゃんじゃないという事だ。



、、、ねぇねぇ同居子ちゃん。
ウチの近くに美味しいピザ屋さんがあるらしいよ。

最大限グレる。

最近、自覚なく人を怒らせたという事が判明。

原因となった私の言動を思い返すも「あんな事で怒っちゃいます?」とご気分を逆撫でするような確認をしてしまいたいくらいの些細さ。

理不尽とすら思えなくもない。

反省するべきポイントがいまいち掴めない。




また人と関わる事が面倒になっていくなぁ。




こういうことが蓄積して「必要以上に気を使う」という側面が成長していくと思うと、もう、なんだかなぁ、もう。




申し訳ありませんが、今回の件に関してのみ、


はっ!知ったこっちゃないね!


と力強く放っておく所存です。




せめて。
同じ事はもう二度としません。
そう誓うからどうか機嫌を直して下さい。
プロフィール
  • Author:成
  • 1981年生まれ
    福島県出身
    射手座
    B型
    末っ子
    丸い女
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カウンタ。
FC2カウンター
今見ててくれてる方の人数。
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク