秋の日の記憶。

これまで、電夏の永久名誉座長である道井良樹について、「アイツが体調の不良を訴えるのは決まって体力を必要とするイベントの前であり、まわりに気遣いさせることでイベントへの参加を何となく回避する為の仮病」であると言うことを何度か発表して参りました。



そういえば10月公演時も、あの野郎は涼しい顔で言いやがりましたよ。


「昨日左肩打ったんだよねー。」



あまりに自然に言い放つ彼に笑いを堪えきれず、即座にレギュラーに報告。


その際のラインがこちらです。






絶対嘘だ(笑)



あの時、間違いなく、レギュラー全員の気持ちはひとつでした。
あの公演の全時間の中でも、あの瞬間ほどシンクロした時はなかったと思います。


ふと、よみがえった、楽しい秋の思い出です。

みんなどうしてる?

毎年手元に残る台本。




どんどん増えてくのですが、、、、、、




どうすべ。

そういうお話の回があったんですよ。

布団のなかで、ようやく、ようやく足先まで暖まってきたところなのに、トイレ行きたいというちびまる子ちゃん的な問題にぶち当たっています。



出たくないよぅ。
出たらまた冷たくなるんだよぅ。



こんなくっだらないことをわざわざブログに書いているのは、本日も引き続きお休みであり暇だからです。



ヒマを体全体で満喫しております。

落ち込むこともあるけれど。

ほっときっぱなしのブログに帰りましてございます。
ただいま。私。


今日から数日なんっにもない。


なんだこれ。
いいのかこれ。



というわけで、つれづれ書いてみよう。


まずはあれだな。
グリーンジャック公演。
まだ、色々と片付いていない諸々はありますが、サクッと振りかえってみようかな。
やっと振り返る余裕が出てきたし。



電夏史上最も現場の空気がピリピリした、という意味でも大変貴重な公演でした。
本当に。
関係者の皆様には感謝の気持ちしかありません。
勉強させていただきました!と。


レギュラーメンバーは、怒られたくない、を目標に日々生きている肝っ玉おちょこ野郎しかいませんで、しかも古参レギュラーが欠け劇団内のパワーバランスも曖昧な内情もあいまって、と弱気要素満載。
私個人も、言い訳ならいくらだって出ますけど?と逆ギレ気味のエブリデイでした。

もちろん、ピリピリ以外の財産となる経験が大半ですよ。
誤解なきよう。


しかしね、今回ばかりはね、私達は私達をほめてやりたいですよ。



だって、笑ったもの。
お客様が笑っていたもの!



それだけで!
それこそが!

だから。

電夏、元気です。




稽古中へこんでいた自分に言ってやりたい。

ざまあみやがれ!!!
プロフィール

成

  • Author:成
  • 1981年生まれ
    福島県出身
    射手座
    B型
    末っ子
    丸い女
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カウンタ。
FC2カウンター
今見ててくれてる方の人数。
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク