スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中継中。



二次会待つしんろうしんぷなう!
スポンサーサイト

中継中。









二次会に行くもん!!

中継中。




なう!

中継中。




キャンドル!!なう!

中継中。








なう!

中継中。




二次会の為にがんばる!なう!

中継中。










ご歓談中。なう!

中継中。




あいさつだって出来るもん!なう!

中継中。






なう!

みんなでガヤ飛ばしてるメンバー。

中継中。




なう!

中継中。











なう!

芝居をはじめてまもなく、いつも同じダメ出しをもらう人へ。

以前の日記で「肩の力を抜くこと」は、どうやら「留まらないこと」らしい、と書いてそういえばそれしか書いてなかったなぁ、ってことで頼まれてもないのにもう少し詳しく。

「肩に力が入ってる」と言われる人で「エチュードの時は自然なのに」と追加された事がある人はいませんか?

エチュードってのは即興のお芝居。台詞も段取りもない。
ちょっとテンション高くなるけど、実はやっていることは普段と同じ、ただの会話。
シチュエーションが奇想天外になっても、普段と同じ、ただの会話。

エチュードの時はいいと言われるということは、エチュードの時には出来ていて、台本を読むと出来なくなる何かがあると言うことです。


ここで誰かと会話しようとするときに、どういう作業をするのかを整理してみる。
そうすると発信の作業よりも受信の作業の方が比重が大きいなぁと思うわけです。
相手の気持ちと無関係に一方的に話す人でない限り、相手の言葉を聞くだろうし、相手が話しやすいよう考えるだろうし、相手の次の言葉を待つだろうし・・・・・・エトセトラ、エトセトラ。


そしてその受信の作業を役の上でも実行していることこそ「留まらない」の第一歩だと思うわけです。


・・・ちょっと待ってね、思考がどんどんバラバラに。
はいはい、まとまってくださーい。



じゃあ、「肩に力が入ってる」の言葉が違うバージョンをいくつかあげてみましょう。


セリフにフシがある
セリフに抑揚がある
会話してない
やろうとしてる
どんな気持ちでセリフ言ってるの?
気持ちになってないのにセリフを言うなよ


おお、あげればきりがない、言われ続けるこの言葉たち。
思い出せないくらい、 手を変え品を変え言われ続けます。
これらは全て、同じ問題を指摘していると思われます。


これらの指摘を受けると大抵、発信の作業に関心が向きます。
セリフをどう言えばいいのか、と。

発信を工夫し続けて経験を積むことで、いつしかなんとなく克服していく、事も可能でしょうしそういう方もいるでしょう。

でも、回りが経験によって解決しているその時間を、ギュッと凝縮する時短アイディアが、受信作業をこそ見直そう!なわけです。


セリフひとつにしても、いつどこで誰が何をなぜどのように言ったか、と読み取るべき情報はたくさんあります。
情報を受信し、その情報によってどう発信するか「選択し続ける」。

これが私の思う、肩の力を抜くの正体です。



うふふ。
だいぶまとまった!
でも超長い!
誰か読む人いるのかな。
まぁいいや。



ひとところに留まらず選択し続ける為には、発信することにとらわれない他にもいくつか注意するべき事があります。


「役にとらわれない」
私の役はこう!と決めてかかりすぎると、選択の幅が極端に狭くなります。
むしろ逆に行く!くらいのアクティブさがあってもいいと思います。

「演出にとらわれない」
演出家の言葉、また演出そのものにこだわり過ぎると、以外と演出家が満足してなかったりする。
指針にしましょう、くらいがちょうど良さそうです。

「元気でいる」
これは、すごく大事。まじで。
健康でないとまともな稽古はできないです。
心の健康もまた大事。
別れ話するかもしれない日の、次の日の稽古は早めにNG出しときましょう。

また、選択に重要なのはそれが「役の人」の選択かどうかの見極めです。
受信した情報を感じているのは、自分ではなくあくまで「役のひと」。
前述した「役にとらわれない」と矛盾しているように感じるかも知れませんが、全く別問題です。







長くなったなぁ。
でもまぁ、現段階の記録として。

まだ全部はむり。

ちょっとずつ片付けてますよ。


確定申告に4月のスケジュールにたまりすぎた洗濯物やゴミにパンクした自転車、のばしっぱなしの髪、書くと決めた日記にテレビ番組のデータ。


次の稽古の前にやりたいことはたくさんです。

何から手をつけますか。

朝家に帰って、今からお休みの日です。


休みに天気がいいってすごくいい!

寒くなってきました。

更地、終わりましてこれから打ち上げです。


ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。




また、いろんな劇場でいろんなお芝居を楽しんで下さいね!!!!!

さ、帰ろう。

それがあったからこんなプラプラしてられんだ。



と、この間父が言った。


つまり震災のこと。



震災後、強制的に土地から離された両親は、私の出ている公演をたくさん見に来てくれます。



こんな風に、思える底力がある人を、わたしは、本当に、大好きだ。






先輩のはなしをたくさん聞いた今夜は、生きることの底力を想う夜です。

ラスト。





もう、目的も忘れたこの写真。


というか、この人が誰だかすら忘れそうだ。

そんなことない!




Vチームのお三人でーす、みたいなことを書こうとして撮った写真。



ほんといつの話なんだかねぇ。

あ!眠い!



今回の客演女優さんたちでーす、みたいなことを書こうとして撮った写真。


いつのことだかも思い出せません。

もうちょいいける!





バックからのライトを浴びた本番直前の女優。



「行くわよ!」
「ええ!」


みたいな。

そのうち諦めます。




通訳の時のムーミンさんからのお花!!


いっつもかわいいでしょー?!



ふへへ。

だけどきっと、



打ち上げこば。




打ち上げしんのしが。




打ち上げそえのなかやま。





打ち上げシュサイ。

シュサイのライティングが完璧だったのでポーズしてもらいました。

すっかり酔っぱらいです。

書くつもり。



突然、笑う通訳までさかのぼりましたな。


これは打ち上げ終わりの始発にのっている我々です。
小舘さんの天使の寝顔。


拡大しますか?




はいどーぞ。

この夜は心底クタクタでした。

写真があるかぎり。

時々Twitterで呟いている「さらっち」の存在にお気づきで?


彼は実在するのですよ。

だってほら、





バナナが届いたもの。

これはあくまでもさらっちからの差し入れです。


差し入れできる原始人。




さらっちくん、ありがとう。

いきたかった。

今日は更地8の公式打ち上げが王将で行われたらしい。


両親を優先させた結果、後から合流が出来なかったです。



王将のガラス越しに誰もいないのを確認するかなしい時間。。。




いきたかったぁぁ。

ぶっちゃあさんと話したかったぁぁ。




でも、両親とはゆっくり出来たのでよかったです。





眠れぬ夜にどんどん過去にさかのぼりブログ書くぞーー。
なんか、そう思える心の余裕が出てきたのです。

まずは。




ムーミンさんからまたまたお花!!


ありがとうございます。


公演期間が長いので早々に自宅に持ってきて癒されております。

お花がある生活。

セレブだ。

なく夜。

久しぶりに人前で泣いた。


あれ?
でもブログで鑑みたら久しぶりでもないか?


まぁいいや。
そういう夜でした。
プロフィール

成

  • Author:成
  • 1981年生まれ
    福島県出身
    射手座
    B型
    末っ子
    丸い女
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カウンタ。
FC2カウンター
今見ててくれてる方の人数。
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。