スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンパンの様な血よ!

20061230060225
おせち真っ盛りの今日この頃。
だし巻の巻いてない状態、つまり「だし」をのせてみました。
後ろ姿は父です。
そして私は、どーもなしおです。

本日のメイン仕事は、ワックスがけ前編。
えーえー、おせち一切無関係ですが、それが何か?
デッキブラシを2時間使い続けて、筋肉痛ですが何か?!
デッキブラシを子供の頃「電気ブラシ」だと思い込んでて、ずっと「全然電気じゃねーじゃん」って心の中でツッコんでましたけど、それが何か?!!

さ、何ギレか分からなくなったところで昨日の続き。

例の「中がイモで見た目はアップルパイ」について、勇気を出して両親に告白。
なしお「アレ買ってくる気だったんだけど、場所わかんなくて」
母「いいよいいよ、あんま好きでもないし。」

・・・ええぇーー?!

いやいや、確かに言ったぞ食べたいって!
好きだって!
買ってきてって!

しかし父と母的には
「変に凝ったわけわかんないケーキなんかよりシンプルだし、そんなものよりは食べたい。そんなものよりは好き。そんなものを買うくらいなら」
と言ったつもりだったらしい。

勘違い野郎
はやとちり野郎
ばか野郎

怒気がムネムネする中、さてどれが私に一番ふさわしいのやら、と冷静に考えてみるなしお。

今「ばか」を選択した人。先生おこんないから、正直に手を挙げて。

家事手伝いの為に、両親以外の人間との接触が全くないなしお。

あー、こりゃブログのネタも見つかりにくいわ。
と思った矢先、テレビで一つ気になることが。

ドラマや映画でペンキを使ってる人=顔にペンキの汚れ

なんでだろうね。
十中八九ついてるよね、顔にペンキの汚れ。

私もねペンキは使いますよ。
小劇場ですからね。
そりゃ自分でもやりますよ、ペンキ。

でもついてるヤツはまずいねーぜ?
そんなんじゃ帰りの電車ではずかしいっつの。

ペンキ塗っててはしゃいだってか?
落ち着けっつの。

不可抗力でついたとしてもだな、あんな汚れ方はしないだろと思う。

その、あまりにもコント的演出が、今尚罷り通る不思議。
今日のなしおをとらえて離さないのです。
スポンサーサイト

髪切ったぁ?

20061229030952
どうでもいいこと過ぎて言うのもはばかられるのですが、

メールで「ちょいと」って打ちたくない。
「ちょっくら」はアリだけど、「ちょいと」はない。

この微妙なラインで、「分かる分かる」と思ったアナタ、お友達からお願いします。

年末ですね。
私も他に遅れをとってたまるかと、思う存分年末にひたるぞと、ビッタビタに年末にひたって・・・(うぜぇな)まぁ単純に、帰省です。

次の帰省では「らぽっぽ」を買っていくと両親に約束したものの、今更ながら「らぽっぽ」が店名なのか商品名なのかすらはっきり知らない自分を自覚。

あのイモのやつ!
あの、中がイモで見た目はアップルパイみたいなやつ!

上野発の列車が8時ちょうどに出る「津軽海峡あずさ景色2号」みたいなとっちらかった状況に加えて、「中がイモで見た目はアップルパイ」みたいなとっちらかった野郎に翻弄されるという、非常にとっちらかり度が高い時間を過ごすこと10分。

どうやらその「中がイモで見た目はアップルパイ」は上野駅内で購入できるらしい、とのこれまた曖昧模糊とした情報で構内をうろつくこと、さらに10分。

このままでは、あずさが私を置いて行ってしまう。

「やぁめたぁ!!」

これ以上迷ってたら電車乗り過ごすってんだよ!
手土産のせいで帰省できないって、それはどうよ?!
そんな本末転倒劇はゴメンだね!!

そんな波乱を乗り越えて、そしてあずさに乗り込んで、満身創痍で何とか帰省に成功。

私の家では「働かざる者食うべからず」をこの飽食の時代に実行し続けている家で、つまり帰り着いた途端に労働。

皿洗っちゃー皿しまって、注文とっちゃー生ビール入れて。

限りのない労働をした者に送られた、今日の見返りは「海老ふりゃー牡蠣ふりゃー」のみなさんでした。

うめー。

ハンパねー!!

2006年12月27日 はれ

「転がれっ!!」

さて、最近人に言われてそのタイミングと勢いで思わず笑ってしまった一言、からはじまりました。

人生において何度と無く言われてるこの言葉。
ひとつだけ言わせてもらえれば、

「いってもデブって転がんねーぜ?」

いや、分かる。
いってしまうその気持ちは、痛いほど分かる。
実際見れたら、面白かろうとも思う。

けどね、

太ってても人間だから!


さ、今日も張り切って書き進めましょうか。

つーか人多っ!!

酔うよ!人に!

こちとら天下の田舎者様だぞ。
なぜにこんなに人が多いのだ、年末の東京は。

何年たっても慣れる事の無い「人ごみを歩く」という行為。
自分がお金持ちだったら、「ドア・トウ・ドア」をまず手に入れてみようかと夢見る年末のなしおです。


今日は来年の活動の打ち合わせに出かけてきました。
人生において「打ち合わせ」なるものを経験する時が来ようとは。
いや、来てもらわなきゃ困るのだけど。

とにかく、はじめての事ばっかりで、何ひとつ機知に富んだことも言えぬまま(誰も期待しちゃいないが、言えたためしもないが)
コーヒー飲んで、ビール飲んで、日本酒飲んで、芋煮食ってた私。
自分の事ながら「こんなんでいいのか?」と5分に一回の反省を繰り返すのみでした。


で、怒ってる人が嫌いです!

あら、突然すぎました?
そらそうだ。
こんな文章じゃわけわかんねーわな。

もうね「怒ってる人」ってダメなんです。
「機嫌が悪い」これもダメ。
「イライラしている」、ノーサンキュー。

とにかく、何かを不快に思ってる時の人間が全て苦手です。
そんな人撲滅しちゃえ!と願ってるから、私は「喜劇」がやりたいのではないかと思うくらいに嫌いなんです。

そんで今日。
その打ち合わせがてら飲みに行ったお店でのこと。

家族経営的な優しい雰囲気のお店。
女性店員はどうやら日本の人ではないようだが、昨今そんな事は珍しかない。
時折見せる笑顔も可愛い。

でも何か彼女の挙動がビクビクしている感じがするので何かあるのか?と気になっていた。
周りを見渡すと、厨房から彼女を見ている女将さんらしき人の目が、獲物を狩る動物のそれと思える程に怖いじゃないか。

お前か!!

その女将さんらしき人は、彼女の接客の行き届かなさがどうにも気になるらしく、とにかくずっと、見てる。

針のむしろとはこのことか。

いやね女将さん。
多分そんなに見てないほうが、彼女としてものびのび接客できるんでないかい?
怖いもの!
あなたの目で釘が打てるもの!
いや正確には、貴女の目線で凍ったバナナで釘が打てるもの!!
もしくは、貴女の目線が行く行くは世界を救うのではと思うもの!!
↑なしお日記名物「脱線」


「不快感を持っている人」に異常な敏感さを持っているなしお。
でも大事なときにはそれに気づかないぬけさくっぷりも時々は披露しながら、実家に帰る準備をしているなしおです。

でれすけがぁ。

稽古場に詰めること1週間以上。
テレビを見たい。
でも見たい時間に家にはいない。

で、毎回本番前には「芝居のビデオ」のヘビーユーザーになります。
同じ芝居を飽きもせず繰り返し繰り返し。
その芝居の主だった笑いのシーンを、完璧にコピーする程に、見続けます。

分かってるのに、おかしい。
笑いって偉大だ。

で、コピーした笑いを胸に稽古場に向かう私なのですが、ここ何日か悩み事が。


私は稽古場やら劇場やらで、自分のスペースを確保したい人です。
ですので今回の稽古場でももちろん、自分のスペースをうきうきと作成するわけです。

なのに、だ!!

あっきらかに私物が置いてあるにも関わらず、人はそこに座る座る。

「さてと、出番もないし台本を読みますか。」

なんて思っている私を差し置いて、座る座る。


一度なんて。


「さてと、次の出番で使う小道具を。」

と思ったら、外人が座してたもの。


ヘイ・ボォブ!?
(語尾上がりで)

なぜだ!?
なぜ外人がここに?
ここは東京の古里、田端ではないのか?

しかも、その中でも、私の小道具があるこのイスに?
小道具をおしりの下敷きにしながら?

今一度叫ぼう。

ヘイ・ボォブ!?
(勝手にボブ)

稽古場に見知らぬゲージンが来たことで、グッと盛り上がった先日の出来事でした。

誠意って、何かね。

20061212104050
本日は稽古場からのレポート。

一所に25人もの成人した大人が集い、13時から21時までケンカしてはしゃいだり、できないモノマネしてはしゃいだり、大胆にセクハラしてはしゃいだりする、それが稽古場。

今回の稽古場では、トイレでこんなモノに出会った。

「お願い
トイレは貴方だけの占有所ではありません。
皆で協力して奇麗に利用しませんか、ちょっと粗相してしまったらペーパーで始末できるような場合は後から利用される人のためにも拭き取るぐらいの心遣いを大切にしたいと思います。
皆様のご協力を宜しくお願い致します。」

これを見る度、逆にイラッとする私。

まず最初の「トイレは貴方だけの占有所ではありません。」
これはよし。
マナーに対してモノ申したいなら、これくらい強気でよし。

問題はここから。
「皆で協力して奇麗に利用しませんか、」
はい、いきなりドボン。
この唐突な低姿勢ぶりはなんだ。
前文の雰囲気ぶちっ壊した挙げ句、疑問文で終わりなのに「。」でも「?」でもなく「、」で一時完結。

続きまして。
「ちょっと粗相してしまったらペーパーで始末できるような場合は後から利用される人のためにも拭き取るぐらいの心遣いを大切にしたいと思います。」

要点を言え。
いや、要点のみを言え。

そして句読点を学べ。

気持ち悪い文章のつなげ方が頭悪そうだし。

何より、「大切にしたいと思います。」にいたっては、決意表明の締め括り方だもの。
誰も聞いてねえだろ、おめぇの気持ちを。

動かずじっといると、そこらの活字を読んでしまう私は、居酒屋でよくある「トイレの中まで失礼します」っていう例のお手紙を必ず読んでしまう。
ひどい時は「親父の小言」を読む為に、しばらくそこを動かずにいる時さえある。

なんつーかもう、トイレの中くらい、そっとしといてよ。
そう願うなしお。

妙に低姿勢な何者かの影が、下半身丸出しの私の心に侵食する。
それが「トイレ」と言うことか。

追伸・深夜にこの文章作っていて、睡魔との死闘の末完敗。
続きは明日、と思っていたら保存せず受待画面に戻ったらしく、朝見たらすべて台無しになっていた。

人生って、なんだ。

それでも地球はまわっている。

20061206011111
はい、上記の写真が先月書いた、消してるのに暗くならない根っからの照明野郎です。

あいかわらず、消えねー消えねー。

ここ数日は暗やみを楽しむため間接照明でしばらく起き続け、その上で寝るという二度手間を繰り返しています。

繰り返している内に電球も切れた。
勘弁してくれ照明地獄。
寒くなったぜ東京砂漠。

年末には実家に帰る。
忘年会ラッシュとおせち作りの手伝いに帰る。

私は福島の出身で、10代の頃は生足でスカートな冬が当たり前だったのだけど、去年の年末それをやったら、足に鈍痛が。
どうやら極度に冷えすぎると鈍痛がするものらしい。

なんだこの代謝のしなさっぷり。
自分に対して「ふざけんなよ」と言いたい。

言ったところでふざけちゃいないわけだけど。
どちらかと言えば懸命だとすら思わないでもないけど。

いずれにせよ、(いずれにせよっていい言葉よね。何このざっくり感!?)
重要なのは、この異様な冷え方が、生活習慣とかそういうレベルでは無く、もっとこう体が根底から変わってしまった的な?
ほんと口に出しては絶対に言いたくないんだけど、なんつーか「年齢」的な?
問題が、あっきらかに絡んでるでしょ!!という衝撃を伴ったことだ。

ともなわないで!
一人にしてよ!
でも時々は顔出して!
↑崩壊寸前。

「ぁ足ぇだしてぇー。寒ぐねーのげ?」

あぁ、おばちゃん。
福島のおばちゃん。
フミおばちゃん。

お正月に会った時言われたこの言葉。
今は私が言ってます。

「ぁ足ぇ出してー。寒ぐねーのげぇ?」

俺じゃだめか?

うーん。
このタイトル使った気がするなぁ。
携帯だと調べようがないなぁ。
まぁ、いいかぁ。

私は稽古中にマスクをするのが嫌いです。
マスクしてる演技なんて見てもダメも出せねーだろ、と思う派です。
マスクの下で作ってる表情が、大爆笑の起爆剤だったらどうします?と気が気じゃない方面です。

でもします。

なぜって?

それを望む人がいるから。
「うつしたらしめちゃる」光線を、がすがす感じるから。

だからします。

今日も、マスクをしながらオモロ顔な自分。

客観的に見てしまうと、涙が出るほど情けなくなる瞬間です。

私は今酔っ払っているので、だらだら書いていますが、普段と大差ないのも、泣けてきます。

とにかく毎日飲みすぎなんだよ。
お酒好きな私は(後何回これをアピールすれば、私に酒をおごってくれる人があらわれるかしら)毎日飲む。

最近は平日も稽古があるから、飲まないためにバイトしたりする日々だもの。
プロフィール
  • Author:成
  • 1981年生まれ
    福島県出身
    射手座
    B型
    末っ子
    丸い女
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カウンタ。
FC2カウンター
今見ててくれてる方の人数。
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。