スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お帰りなさいませ、ご主人様。

2006年9月30日 はれ

喉がいてー。

喉がある程度腫れてくると現れる、謎の白いプツっとしたもの達が、今回の腫れにも現れました。

来やがったな炎症!

このままではひどくなる一方と思い、発症3日目にしてさすがに薬局へ。
ふらふらと乗に乗っかり、薬局へ。

なしお「すいません。うがい薬に強い弱いってありますか?」(がらっがらの声とあり得ない部屋着姿で)

眼鏡薬剤師「成分一緒なんで、皆同じですよ。・・・大丈夫ですか?」

丁寧に答えて頂いた上に、心配までされました。
余程の状態に見えたのでしょう。
まぁ実際余程の状態だったと思います。思いっきり部屋着だし。

そんな午前中をもんもんと過ごした昨日は、体調不良を押してでも参加したい「肉の会」の日だったのです。


前回客演させていただいた、電動夏子安置システム
(必ず、殿堂奈津子アンチシステムって変換されるのね、この名前。
殿堂入りした奈津子さんをアンチするシステムってこと?
何なんだそれは。)
さんの「肉の会」メンバーはいつも一緒。
今回は新メンバー加入の噂もあったのに、バイトと貧乏を理由にメンバー加入ならず。
くそっ!これだから小劇場の野郎どもは!!

そんなこんなで、あの上ハラミの味を堪能。
一人前1600円也。
値段なんか関係ないの!
うまいんだから文句言うな!←言ってはいない。

喉の痛みも一瞬忘れる旨さと、「肉の会」ならではののびのびした楽しい空気。
やめときゃいいのに今日もがんがん飲んでやった。
体調不良なのに。

今日は2回目と言うこともあり、前回頼まなかったものもいろいろ挑戦。
「肉の会」メンバーの人妻が、トッポギなるものを注文。(その店のメニューにはトッポッキと記載)

そのトッポギはもちっとした例のやつ以外にも卵やら野菜やらが投入されていて、なんにせよ辛い
辛いのが苦手なメンバーの眼鏡がもんどりうってたなぁ。

もんどりになった眼鏡は置いといて、ある一つの疑問が浮上。

「これ何?」

その真っ赤に仕上がった料理の中に、四角くて平べったいものが何枚か入っている。
あまりにも全体が赤く染まっているため、それそのものの色が皆目検討もつかない。
何なんだこれは?

メンバー内では、「まぁ豚肉なんじゃねーか?」という意見にまとまったものの、眼鏡の「肉なわけねーじゃん」という反論(したかしないかははっきり記憶にないけど)が出たので、思い切って店員さんに聞いてみることにした。

なしお「(それを指差しながら)これはなんですか?」

韓国人店員「・・・韓国のおでんです。」

うんうん、なるほど。
この料理の韓国における位置づけを日本料理に例えて説明されたのね。
しかし伺いたいのはその料理の中の一部なわけだ。
こうなったら、この人の日本語力がどんなものかはわからないが、ちょっと質問の仕方を変えてみようか。

なしお「(さらにそれをゆびなしながら)この材料の、素材はなんですか?」


韓国人店員「・・・うーん・・・おでんです。」


・・・そうなの?

違う、違うぞ。
だまされるな俺!
笑顔が優しいからって、こいつが悪の手下じゃないと何故言い切れるんだ。
馬鹿にすんなよ韓国人!
こちとら日本人として24年間生きてんだい。
こんな捻じ曲がった会話、びっくりしちゃうよ!

どうする?というメンバー内での目配せの中、不毛なやりとりを早々に引き上げたなしお。

食ってみた方が早そうだってことで、食ってみた。
・・・おでんの中に入っている練り物の味する・・・

微妙にあたってるよ韓国人。
悪の手下とか言って、ごめんね韓国人。


韓国人との異文化コミュニケーションもあった今回の「肉の会」。
この不条理な会話よりも印象に残ってしまったのは、家に帰って寝てみたら案の定の二日酔いと炎症のぶり返しのダブルパンチがあったってこと。

ボディに来る攻撃に、もんどりうってるなしおです。
スポンサーサイト

おぅはよーございます!!

2006年9月25日 はれ

みなさん覚えているだろうか?

「動物占い」

これが流行ったのは確か、私が中学だか高校だかの時。

占いとかはとりあえず興味を持って読むのに、自分の結果をすぐ忘れることが多いなしお。

あんだけ盛り上がった「動物占い」も案の定まるっきり覚えていない。


そんで今日、暇にまかせて調べてみた。


結果:天上天下唯我独尊のライオン

あー、そうだったそうだった。


さらに調べると

「いつもニコニコ笑顔を絶やさずあなたは物事に動じない強さと、明るく真っ直ぐな性格が魅力です。」

よーしよーし、どんとこい。

「少々周りが騒がしくても、それに振り回されて、右往左往するようなことはなく」

ほうほう。

「常に自分中心でしか物事を見ないどっしり型でもあります。」


・・・自己中ってこと?


「落ち着きすぎていて、若さに欠ける部分もあると、周囲に言われるかもしれませんが」

うん、まー、言われるかな。



「それもあなたの魅力」


魅力なのかぁ?


しかも

「大器晩成型で、スタートは出遅れる感がありますが」

うわっつ!まじっすか!!


「心配する必要はありません。」


めちゃくちゃ心配だっつの!!



他の動物との相性は

「やはり同類のライオン同士が相性がいい」

自己愛の塊、どーもなしおです。


総じて

「マイペースなライオンです。」

そうね!

女子アナからデジアナへ。

2006年9月21日 はれ


20060921094817


これが前回書きました、狩りまくったくだものの一部。
こいつが甘ぇーのなんの。
一房食べたら、下の感覚がおかしくなるほどの甘さ。

他にも、プルーンだの梨だのりんごだのとよりみどり。
時間無制限に食しまくって来ました。


私達が日本レンタカーのやる気ゼロなおにーさんから奪ってきた車。

20060921095108


で、この旅一番のご報告は、この奪取した車で起こした、プチっとした事故について。

20060921094816


ご覧くださいこの青い空白い雲、目の前に広がる雄大な景色。
なによりもノン渋滞!!

出かける前に、「混んでないといいねー」なんてほざいた自分が恥しくなるほどの、ノン渋滞!!

ちなみに一緒に出かけた人間は、ペーパーでありスピード恐怖症。
こんな空いてる高速で「80以上は出さないよ」と豪語しやがる。

んな腰抜けの運転では、助手席に座るこっちがはらはらしっちまーわと思った私は、疲れを押しに押して運転し続けたのです。


運転すること300キロ弱!
(あ、ちなみに私達はどうやら長野の駒ヶ根市という所に行っていたようです。)

中央自動車道を120キロ~140キロで爆走。
他の車がよけるよける。
流星のごとく走る私の車はしかし、いかんせん軽い。

いや、日本レンタカーのやる気のないおにーさんに「小回りきく方がいいんです」とリクエストしたのは確かに私だ。

だぁーがぁー。

この軽さは恐ろしすぎる。
120も出す事がまず相当にクレージーなのだけど、この車180キロまでは想定して作ってあるわりに軽すぎだろ。

大して風もないはずなのに。グングンハンドルを持ってかれる。

なのにカーナビの女性は冷静沈着。

カーナビ「しばらく道なりです。」

そーだろーね!!

20060921095107



そんな死寸前の思いまでして手に入れたこのビューティフルなビュー。

写真では全く分からないのだけど、空気はうまいわ、天気はいいわで、なんかもう言葉にできない開放感。


そんな開放感で胸が満ち満ちたなしおと連れ。

さて下山しつつ気取って美術館でも冷やかしに行くかい、と車を発車。


下り坂はどうにもスピードが出やすくって恐いなーと慎重に運転する横で、何やら嫌な予感が。

助手席の野郎が、すーすーと寝息をたててるではありませんか!!


「おめー運転してねーだろうが!!」


と一瞬怒りにまかせてよそ見したその時!

ド ドドド!

アトラクションにでも乗ったかのような衝撃と轟音。


どうやら一瞬縁石に乗り上げたようなのです。
あわてて目覚める同乗者。

「・・・(しばらく声にならず)びっくりしたー・・・」

先ほどのプチ事故を無視するように走り続ける私。
心臓が破裂するかと思ったけど、同乗者がびっくりしていることにややザマーミロとも思ったのです。

あ、ちなみに、ほんとたいした事なかったんです。
車も傷つけてないし。


皆さんも車内で寝るときは、運転者のご機嫌を伺った方が身のためと心得て下さい。


やべーな。
前回「元気になったら面白く書く」的なこと書いたのに、面白く書けたか自信ねーや。
今度からそうこというのやめよ

素敵なサムシング。

2006年9月19日 はれくもりあめ

まずは久々の更新で何から書いたもんか迷っているわけですが、17日に電動夏子安置システムさんでの公演が無事終了いたしました。

観にきていただいた皆々様に感謝の気持ちでいっぱいです。
今後ともよろしくお願い致します。



さて、疲れ極まった公演の後は打ち上げだったのですが、今回の打ち上げは疲れ極まり過ぎたのか、ばたばたと人が眠りに落ちていく。

その姿はさながら、登山途中にビバーグに襲われた人のようだと無意味に盛り上がる少数派に所属していたなしお。
しかし「ビバーグ」を「ギルバート」と言い間違えたところで自分の疲れを確認。

確認しつつも朝まで飲んで、廃人のようなギルバート族達を尻目に元気よく「乗」にて帰宅。

帰宅して、同居人が蹴った布団をかけなおす優しさまで披露したところでダウン。

それ以後の記憶はあいまいですが、なぜかピザを一人で注文し、しかも食べきれずに残し、「なんかピザのにおいがするー」とか言いながらやっとこさ覚醒。


(前置き長くなりましたが)明けて本日は、公演終了直後のビッグイベント。

「小旅行」

ビッグなわりに、控えめな企画をこなして参りました。


とにかく衝撃の1日。

まず驚きなのは、終えた今でも行った先が何県なのかすら把握できていないってのが驚く。
確か、神奈川やら山梨やら長野やらを通ったような気がします。

目的は「くだものを闇雲に狩ってしかもその場で食ってやる」というもの。
人の誕生日だってのに、自分のための企画過ぎやしまいかと反省もしつつ、きゃっきゃいいながら狩る狩る、そして食う食う。

そこは結構名の知れた所らしく、観光客がどんどんやって来ていたのですが、一番の見ものは、ナニワのおばはん総勢50名により編成されたツアー客だった。

「おいちゃんあれとって、ちゃう、その上のやつー」

と、呆れ顔のおっさんを無理矢理脚立にのせ、のったが最後いつまでも下ろさずに、「それもそれも」の大合唱。

とってもらっといて味見した途端、「あんま甘ないやん」とご不満のご様子。
おっさんもそろそろ我慢の限界らしく、「自分でとってみなさいよ」とタメ口で応戦。

しかしそこはナニワ。

「ええやん」

の4文字でおっさんを狙撃。
しかも命中。
おっさん、苦笑いの中で痛々しかったなー。

最後には「入れ放題」の企画にわいのわいのと群がって、嵐のように去っていったのです。

今日はあまりにも疲れたのであんまり面白く書けません。(大告白)
なのでこの、なしお結局どこ行ってきたの小旅行については、またの機会に!!


それと。コメント頂いた皆さんどうもありがとう。
「管理者だけに閲覧」というものもきっちり読んでるんですが、何をどうしてお返事していいものか分からず、ここでお礼言わせていただきました。

褐色の恋人。

2006年9月7日 くもりあめ

復活、私!!

胃痛の迷路に迷い込むこと2日間。
わしづかまれた私の胃腸は、解放の時を刻々と待っていたわけです。

しかし効かねーな、胃腸薬。
市販の胃腸薬なんて薬とは呼べないですね。
なんて呼びましょうか。
じゃあ、ジャイアン(せめて名前だけでも強さを)。

あぁ、自分で言ってて、そのくだらなさに泣けてきます。
おおい、頼むから、私にセンスをくれ。

胃痛と共に自己嫌悪の海にダイブした私。
まー、この海に関しちゃその潮の流れも予測できるほどのダイバーなので、「知ったこっちゃねーやい」のおまじないと共に上陸。
しかし、地震大国のこの日本において、津波が心配な私です。


ところで、最近「キャプテン」という漫画を読んでいます。
正確には、読み直しています。
谷口君という最初のキャプテンの回が私は好きです。

谷口君の、なんつーか、「非のない強さ」つーか、「結局、愛」みたいなところが好きです。

何なんだ「結局、愛」って。

おおい、お願いだから、私にセンスをくれ。


ところで(Vo・2)東京砂漠には犬のウンコが落ちていないという定説がありますが、私は声も高らかに言いたい。

んなこたーない。(いわずもがなタモリで)

落ちてますよ、荒川区。
こちとら負けじと、新宿区。

なぜ今日という一日のみで、しかも2つの区で、犬のウンコに遭遇するんだ。
どっちも「したて」感満載。
出て来いや、飼い主!
かかって来いや、飼い主!!

しかも、新宿のウンコに関しては、もうこれは踏んでるってことでもいいんじゃないんですか?という声がしそうなくらい回避できたのか微妙。
ちきしょうめが!こんな靴すぐさま捨ててやるぅ!!

飼い主マナーについて深く考えさせられた今日。
稽古の帰りにお散歩中の犬とおっさんを発見。

しかもまさに今「して」るわけだ。
それを万が一にも「したて」にでもしようものなら、この私も黙ってはいられめー。

そう思っていた矢先、飼い主はウンコをしろっただけでなく、何やら容器を取り出して、入っている液体を「して」いた現場にかけ、洗浄したではありませんか。

ビバ!飼い主!!
さっきは怒ってごめんね、飼い主!!

私は深く反省した。
「ノー・モア・じゅっぱひとからげ」

深さが足りない。

2006年9月4日 はれ

お久々にパソコンで更新中のなしお日記。

このなしお日記、コメントが来ない。(前回コメントをいただきちょっと泣きそうになってたなしおです。)

いやまじで。

雨に打たれて転がるように帰った部屋で、ちょっとへこむほどに来ない。


あんまりにもコメントを皆が書いてくれないので、「なしお日記ファン」と言ってくれる手近な友人に、だったらなぜ書かない!と問い詰めてみた。

そしたら。

A・「・・・なんか・・・書けないから・・・」


意味深なアンサーをどうもありがとう。

参考にならない上に、もはや続けないほうがいいんじゃないかと思えるその答え。
したたかに傷つきながら、あいも変わらない感じでほんのりと続けていこうと思います。



いやー恥ずかしかった!(唐突、それがなしお日記)

私は最近、近日公開する芝居(後半に宣伝あります)の稽古に勤しんでいる為、毎日のように飲んでいるわけだ。

あ、ちなみに、私の中の「役者と教師は酒が好き」という常識はいまだ揺らぐものではないし、自らがそうであることを私の周りの人は皆知ってくれてる事だろう。

そんな酒好きななしお。(好きなお酒はビールと日本酒、日本酒は冷のみ。ほぼおっさん。)

この間免許の点数をフラットにしたことをいいことに、気持ちが大っきくなってるもんだから、毎回のように深夜の街を飲酒運転。
まぁ、点数がフラットでなくても、飲酒運転常習犯だが。
注:良い子はマネしないでください。ついでにテレビは離れて見てください。

ほとんど毎回まともな飯も食わずに、生を5杯くらいがつがつ飲んだ後で、酒なんて1ミリも飲んでねーみたいな顔して帰るわけだ。
そんな感じの帰り道、大抵私は、歌ってる

しかもただ歌ってるわけじゃない、熱唱


昨日もそうだったのだ。
同席しているバイカーの女子(以下、バ女子に略)は「バイクだし」と言ってほとんど飲んでいないってのに、悪びれることなく飲む飲む。

店を出てそのバ女子とも一旦そこで離れ、そいじゃ先行きますってなドライでクールな別れを演出。

先に走り出した私は、乗(この間命名された私のスクーターの名前)の上でやはり、熱唱


問題はその後だ。

先に走り出したものの、こっちは50CCでバ女子のバイクは普通のバイク。

いくら深夜で飛ばし気味と言っても、さすがに追いつかれるってことは目に見えている。
しかし完全な酔っ払いである私の注意力は、さながらサザエさんのように「うっかり状態」である。

「うっかりと熱唱」
目も当てられない。救いようがない。

そのバ女子が私を追い抜き、ある信号で鉢合わせたとき、はじめて「やっちまった!」と後悔する「うっかり」ぶり。


「もしかして・・・いやまさか・・・」

悶々として一晩過ごし、今日稽古場に行ったら開口一番にバ女子が言った。


「昨日大熱唱してたよー。」


知ってますーー!!
いや熱唱ではなく大熱唱だったのは、知らなかったですーー!!

皆様も熱唱するなら、十分なご注意を。


ここで宣伝。(なしお日記はじめての告知)

やたらとお世話になっております、電動夏子安置システムさんで、またお芝居します。

見に行ってもいいかなって方は、ぜひコメントを!そうでなくてもコメントを!

電動夏子の番外公演!
アプリケーション.7
 
   【PERFORMEN零】
 
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    
    【PERFORMEN零】特設サイト 
    http://performen0.dna-system.com
  
 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
 


 ■■■公演スケジュール■■■

9月15日(金) 17:30~A / 20:00~B
9月16日(土) 12:00~C / 14:30~D / 17:00~E / 19:30~A
9月17日(日) 12:00~B / 14:30~E / 17:00~D / 19:30~C

 A…Business編
 B…Man&Woman編
 C…Home&Neighbor編
 D…Train編
 E…School編


 ■■■劇場■■■
 
笹塚DUO STAGE BBS 
 
京王線笹塚駅から徒歩3分
http://www.djdj.co.jp/duobbs/
 
 
 ■■■チケット■■■

1500円

リピート割引:半券をお持ち頂ければ2回目以降は1000円となります。
 
 
 ■■■出演者■■■

渡辺美弥子・中川崇宏・小原雄平・高松亮・狩野智子
道井良樹・澤村一博  (以上、電動夏子安置システム)

大鹿順司(劇団グッドアクシデント)・小泉めぐみ・なしお成・前田晶之

お口の恋人

20060901044507
にゃー!!

10代を振り返ると(写真関係無っ!)、なにかにつけて「夏」が多い気がする。

こんなくだらない事も、やはり「夏」に起きた事。

夏は思い出ができやすい。

乗(←この間命名)に乗りながらぼーっとしていたら(するな)
ぼーっとした頭で思い出した。

あれはもう10年も前の夏。

「兄弟だけでじいちゃんちに行く」って事になり、車で1時間の道程を走りだした。

その時運転していたのは2番目のお兄ちゃん。
スリリングな走りで峠でも攻めそうな運転をする2番目のお兄ちゃん。

助手席には3番目のお兄ちゃん。
免許とりたてであきらかに運転したそうな3番目のお兄ちゃん。

お兄ちゃん達は、1も2も3も皆なかよしさんだ。
この時の2と3も何だか盛り上がっていたように思う。

が、妹である私は、性別が違うからと言う理由でいろんな遊び
(お姉ちゃんのいる店で飲む、お姉ちゃんのいる店で歌う、お姉ちゃんのいる店ではっちゃける、等)
に連れてってもらえず、両親としか行動しなかったので、お兄ちゃん達とはコミュニケーション不足であった為、このドライブの際も特に会話することなく、夏の景色を眺めてばかりいた。

道程の半ば、2と3が何か目配せした後にもぞもぞと腰を浮かし、なんだか妙な動きをはじめた。

ちなみに乗っていた車は初期のワゴンRで、時速も70出てると空中分解しはじめそうな、ただの箱って感じ。

2は前文にある通り峠の走り屋なので、ギアをハイトップに固定し80~90キロをキープしたまま田舎の国道を爆進。

ただの箱は、それでなくてもギリギリなのに、車内の人が動くからゆれるゆれる。

思春期の私は、大人の階段を上る前に死んでたまるかと思い、2と3に落ち着けよという旨を伝えんとした。

その時!

2と3は、3と2になった。
(意味不明?っすよね。)

つまりだなぁ、時速80キロで走行中にアイツら、運転席と助手席をえっちらおっちら移りあってやんの。

あーぶねーっつの!!

死んだな。
そんな気持ちで目をかたくとざす私。
もう、ながれる夏の景色を見つめることもない。

さよなら、ままん、ぱぱん。

辞世の句をひねっていた私は、車の揺れがおさまるのを感じ、ひねるのをやめて目をあけてみた。

2と3は、見事3と2に。

セぇーフ!私の人生セぇーフ!

心底ホッとしている私にやっと気付いた2が一言。

2「うまいべ?」

なしお「そぉほほだねぇぇぇ!(半泣きで)」

兄貴めぇ。
小遣いくれよ!←関係ないな。

いよいよ9月っすね。
今年も夏イベントなんもしないまま、くだらない思い出ばっかり増えていくなしおです。

ちきしょー。
秋こそは!

ハイローズのボートだかバナナボートだかっていうタイトルの歌がありまして、8月末に聞くとしんみりといい歌なんです。
皆さんもぜひ。

あ、8月終わってるか。
プロフィール

成

  • Author:成
  • 1981年生まれ
    福島県出身
    射手座
    B型
    末っ子
    丸い女
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カウンタ。
FC2カウンター
今見ててくれてる方の人数。
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。