スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるほどー。

2006年7月23日 くもりあめ

とりあえずご挨拶を。
多少婦人さんでのお芝居に来てくださった皆様。
本当にありがとうございました。
途中ものすごい雨だのなんだので、足止めを食らった方もたくさんいたと伺いました。
そんな中来ていただいてほんと恐縮です。
なしお、これからもがんばります。

とりあえず今、バイト先に携帯を忘れてきてしまったことが心配な私。
それよりも心配なのは、ある禁断症状がどんどんひどくなってきていることと、背中の痛みがどんどんひどくなってきていること。

まずテレビ。

前々から明言していることだが、私はテレビが大好きです。
ほとんどの情報をテレビから得ていた私は、多少捻じ曲がった情報であろうとも、他のメディアを活用せず、テレビに頼りっきりだったのです。
その私が今生息している部屋は、テレビ線がつながっていない・・・

致命的。
打つ手なし。

もう何の情報も得られない。

え?極楽が解散?
しどうが浮気?
大雨?
桜塚やっくん?

しーらなーい。

もうだめだ。
もう花の都東京についていけない。
というかもともとついていってない。

そして背中。

多少婦人さんでの公演最終日。
朝劇場に向かうスクーターの上で、背中に違和感が。
理由もなくどんどん痛みがあらわになってくる。

そして現在。
一歩も引かない痛みの波が、今なお最前線でどんぱち戦ってくれやがる。

バイト先の健康診断で、最後に問診があったので相談してみたら、言われたアドバイスが、

「まずは内科でみてもらうことがおすすめ」

との事。
やや、事が大きくなってしまったことに恐れをなした私。

病院へ行くのはもう少し、ね、様子を見てからでも・・・ね?

と誰に問うでもなく独り言。
そんなわきゃないんだけど、これで病気でも見つかった日にゃ・・・皆、お見舞いにきてね?
スポンサーサイト

覚悟しいや!

2006年7月13日 はれあめあつい

遂に来た。
この季節。
何もしてない私の体力を、立ってるだけのこの私の、体力をどんどん奪っていく、

セミの声を聞いた今日。
夏よ来るなら来いと、気持ちを新たに夏に向かう私です。

暑くなるのと比例して、私の忘れ物癖がひどくなってきてるらしい。
とりあえずここ2日で、タバコを2回なくしている。

2日で2回、この2日だけを切り取れば確立は100%。
どんなホームラン王もそんな記録はつくれまい。

せっかくまとめて買ったタバコも、不用意に減らしていく毎日。
今日に至っては、替えのタバコを家から持ってきておらず、家にたっくさんあんのに自販機で買うという苦渋をなめた。

いいかげんにしろ、俺。
落ち着けよ。
大人になれよ、おれ。

でもさ、だってさ、ご飯食べてたらお隣の方から「あのぅ、この間お芝居に出てませんでしたか?」と丁寧に話しかけられ、「応援してます」と励まされた。
そんな味わったことのない状況下を味わってしまったら、目の前のマーボー定食もそこそこに、腹減ってるんだかなんだか分かんなくなるし、居たたまれなくて一目散に逃げ出したくなりませんこと?
そしたらあれだ、走り出しの勢いのあまり、タバコも忘れるってもんでしょ?(本当の事なんです。あのときの方、やさしくしてくれて、ありがとうございました。とてもうれしかったです。)

まぁ、例えそんな特筆するべき理由がなくても、タバコやライターをなくすのが、なしお。
皆さん、私に何かくれる時は、案外食べ物よりも物を好むが、タバコグッズはやらない方がいい。
無くすか、活用してないか、そのどちらかだ。

(急展開ですが)問題は、この日記を更新する手段が引越し後全く無い、という事だ。

後輩Oのパソコンに頼り切っていた私。
引っ越したらパソコン買うもん、とかのたまっていたが、んな暇ねー。

今日は小屋入りだったというのに、更新のためにわざわざ漫画喫茶に来てみた。
誰か、よかったらなんとかしてくれ。

それでも地球は回っている。

2006年7月5日 あめくもり

いやー!引っ越したね。
思う存分引っ越したよ。
つかまだ引っ越してるよ。

だって部屋がかたづかなーい!

本日バイト明け不眠で、腰いてーいてー言いながらかたづけて、やっとこさ部屋っぽくはなりましたが。
やっとこさ布団がしけそうな予感がしますが。
だども今日もこのままバイト故、どっちにしろ寝れねー!!

というわけで、東京23区内に返り咲いたなしお。
返り咲いた途端に、またしてもおまわりさんのご厄介に。

スピード超過=2点

えー、どうやら免停の気配ですね。
道に迷ってて「あれー?なんで環七出るんだよー!?」とか思ってる間に、53キロでネズミ取られました。

でもね、こちとら最近まで住所不定で郵便物がリアルタイムで届くことなんてないっすからね。
例えば鮫洲あたりのなんたらセンターから、免停やら何やらの連絡が来ていたとしても、もうどこに?って話ですからね。
いつはじまっていつ終わるんだか。
その場で「はいこっから徒歩で帰ってください」って言われてその日から30日とかの方が分かりやすいわ。

引っ越しの後に即刻免停、毎週末稽古で平日は毎日バイト。
いい加減にしてよ!!(メロドラマ風に逆ギレ)
そんなスピードで気持ちのスイッチングができるかっつーの。

今の私の最大の希望としては

2日くらい引きこもりたい

免停のダメージは「まーいいか」で乗り切ったものの、迫り来る本番の重さにあっぷあっぷです。
自分だけで手一杯だっつーの。


あ、引っ越しの片付けをしていて、一年ぶりにダンボールから出た自分の思い出達を前に、そりゃーいちいち立ち止まらずにはいられなかった私。
その中に、中学生だか小学生だか忘れたけど、忘れるほどに多感だったあの頃書いた、ポエミーなあれこれを発見。
つまりあれだ、日記っつーか、俺なりの詩集?的なあれこれだ。

それを震える手で1ページ目の2~3行くらい読んで、もうギブ!!
震度8の地震をごく局地的に味わったみたいな気分。

その時思ったね。

これを燃やさない限り死ねねー。

なんであれを今まで捨てなかったのか思い出した。

捨てなかったのではなく、捨てるなんて行為であれを消滅させた気がしないからだ。
燃やして灰になったところまで見届けない限り、安心できない!

みなさんも、そういうアレなもの、ないすか?
プロフィール

成

  • Author:成
  • 1981年生まれ
    福島県出身
    射手座
    B型
    末っ子
    丸い女
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カウンタ。
FC2カウンター
今見ててくれてる方の人数。
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。