スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貝になりたい。

2005年7月31日 はれはれ

どーでもいいけどさ、7月って今日で終わりらしいよ。
ま、どーでもいいんですけどね。
だって、曜日の感覚をバイトでぎりぎり保ってる私は、もはや一日が30時間とかあったり6時間だったりする私は、日にちなんて関係ない。
さぁどんどん生活していこうか、そんな気持ちなのです。

そんで学生が減った?と思ったら浴衣が増えた。
どこいっても浴衣できゃっきゃ言ってて、「楽しそうねぇ」ってなってる。なってますよ世の中。

浴衣は確かにテンション上がる。
先には、花火だの屋台だの神社だの盆踊りだの・・・とにもかくにも楽しそうなものが待っているから。

私の中で夏ってのは、福島のそれを指します。
夜の海まで自転車で走って、見に行った花火大会。
おばあちゃんちの、蚊取り線香の匂い。
高い建物が無いから、日に照らされてずーっと歩いた通学路。
夏には思い出が多いような気もする。

で、東京。
私は東京にいて夏を実感した時が無かった、ようだ。
だって建物が多くて夏のあったかい風も感じないし、建物や乗り物はクーラーで寒いくらいだし、家の窓を開けておくと部屋が汚れるからやっぱり部屋もクーラーだし、なしとかすいか高いし、一人暮らしの部屋には蚊取り線香は煙すぎる。
何かと夏らしさを実感できない。

でも今日、バイト帰りに日陰のない道を日に照らされて帰っているとき、ずーんと夏を感じた。突然。

「あぁ夏になったんだなぁ」

当たり前すぎてなんかじんと目頭が熱くなる。

私、疲れてんのか?
スポンサーサイト

子供がまだ食べてるでしょーが!!

2005年7月30日 はれくもり

あぁーー、ウナギくいてぇー。

貧乏ひまなし。成ロボは今日もガキンガキン働くのです。
だんだん日記のネタ探しに行き詰まりを感じている私は、情報漏洩ギリギリのところで、バイト先のおもしろ一夏体験をレポートしたいと存じます。

まず、私どもは世に言うテレアポなる仕事をしていまして(深夜)、フリーダイヤル故にいたずら電話の宝庫でもあります。
手を変え品を変えのいたずらっぷりに、辟易している今日の成ロボでした。

まぁ、いたずらしちゃうような子等の言ってることは、往々にしてワンパターンであり、人に聞かせるほどのもんでもないんですが、たまーに特筆したくなる人材に巡り合いもします。

えーと、「芸人がブレイクすると偽者が出る」そんな定説がテレビ界にはありますが、いたずら電話界にもありまして、‘波多陽区’がブレイク(→ブレイクって・・・)していた時にもいました、偽者。二番煎じ。

私「お電話ありがとうございます・・・・」

波多陽区の偽者「えーと、さんまさん新ネタ聞いてください。♪拙者、ギター侍じゃ・・・おれは明石さんま」

私「(無言で切電)」

ね?突っ込む気持ちも起きませんよね?

こんな風に偽者の芸人や、一人遊びが得意な変態や、いつまでも寝付けずぐずってるおやじの相手をしながら、朝を迎える成ロボなのです。

モノより、思い出。

2005年7月29日 はれはれ

昨日の私は本気でくさってますね。
日記を読み返して反省。
失敗後、即反省。これが私の生きる道。
失敗してでもやってみる、これ以外の生き方を私はよく知りません。

えぇ、さてさて。
今日は居候成がお送りする、本堂宅のご近所物語です。

本堂宅の真下に、普段から怖い怖いと薄ら寒く感じていたおっさんが住んでるんですが、とにかくおっさんは服が嫌い。
いつ見かけても上半身裸。

ある朝、バイト帰りのふらふらな私が、太陽の直火で香ばしく焼かれながら帰宅すると、直火の真下でラジオ体操をするおっさん(上半身裸)。

とある深夜、家の前で事故が起こり騒動になったとき、なんだなんだと出てくるおっさん(上半身裸)。

どうしてだ、どうして服を着ないんだ!?

そして、おっさんの家の窓は、まるで他住人を見張るが如く24時間開けっ放し。

開放するにも程があるだろと思う私です。

おやじにもぶたれたことないのに。

2005年7月28日 はれはれ

今日も今日とて稽古です。
私の本分は多分役者っぽいことなので、それもいたしかたありません。
スクーターで走って、40分後には稽古場に着いている計算で、私は意気揚揚と家を出ました。
バイクに乗ってると音楽を聞きたくなって来る私は、同居人本堂のMDコレクションズから「さきがけチョッパーズ」と書かれたMDを選び勝手に拝借。
音楽もかかりまさしく意気揚揚と家を出ました。

家を出て5分後。
イヤホンから流れる音楽にちょっとした疑問が生まれます。

「これ、歌ってなくね?」

そう、「さきがけチョッパーズ」のすべての作品がそうなのかはよく知らないけれど、とにかく歌わない。てか、なんか語ってる。
『鶴の恩返し的なもの』からはじまり、次々と流れる物語の数々。
バイクを運転している私は、気分はレーサーですから、音楽ならロックがパキンと来るみたいな心持ちですから、『鶴の恩返し的なもの』をだんだんストレスと感じはじめ、でもバイクに乗っているのでわざわざ脇に停まってまでMD交換というのも面倒で、もうピッピピッピ早送りボタンを押したりしていたのです。

で、いらいらつのる私の心に、もっといらいらすること発生。
左にいる私の存在に気付かず、ワゴンが左折して来た為、私の愛車とそのボロワゴンは接触したのです。(ボロワゴンが中古車屋から出て来るのを私は見てまして、ワゴンを運転してたのはおそらく社員)接触は非常に地味なもので、愛車にすり傷が入っただけで怪我はなし。
ボロワゴンの運転者である兄ちゃんは、車から降りて開口一番私にこう言い放ちやがった。

兄ちゃん「ウィンカーとか見てないの?」

一瞬にして私は心に誓います。

オーケー、ぶっ飛ばす。

一気に喧嘩ムードに染まった私の心はしかし、この傍若無人な人と時間かけて今後喧嘩していくエネルギーがどうしても見出せず、しかも、このまま不愉快な時間を過ごすうち、稽古に遅刻するというプレッシャーも感じ、だんだん泣きたくなって来ました。(しかもこっちは女子一人きりなのに、あっちは兄ちゃん二人がかりでした。)

兄ちゃんは私に追い討ちをかけるかのように無礼をはたらきます。

兄ちゃん「どうする?保険使う?」

はぁ?つーか交通弱者はこっちなんだよ!!!
しかもおめーが道に入って来て俺の隣にきて、んで巻き込んでんじゃねーか!
おいぶっ○すぞこら!


私の中のビーバップ精神が吠えます。(半泣きで)

兄ちゃんを八つ裂きにしたい気持ちと、すでに八つ裂きにされてる気持ちとが、絶妙なハーモニーを醸し出しはじめた時、「こんな奴の近くに居ることすら吐きそう」そう考え、出来るだけこいつが今日の件で思い悩みますように、そう念じながら、

「もういいっすよ・・・」

と、これから始まる壮大な復讐の予感を漂わせながら言い放ち、私は再び稽古場に向け走りはじめました。

それにしても、不愉快な野郎。
みなさん、世の中であの中古屋だけならひぼうちゅうしょうしてもいいと私は思ってしまいましたよ。

あんたあの子のなんなのさ。

2005年7月27日 はれはれ

なしお成に改名して何回か稽古もしました。
馴染まねぇなぁおい。

稽古場では私をなんて呼んだもんかっていう空気が漂い、ゲームなんかしてても、

「じゃぁ次は・・・?成から」

言葉の途中に「?」入れるくらいならもう本名でいいからぁ!
そんな気分にさせる瞬間。
まぁ、大体本名で呼びます、皆。
これが五分五分になり、七三になり、いつかきっと自己紹介の時にも自ら口に出して言えるようになるんだろうと思います。なるかな。なるといいな。まぁ、どっちでもいいな。

今回のカリバネ公演の出演者の中の、年長さんな役者さんのだいすけさんが、初稽古後の顔合わせ、会話の途中でこう言いました。

「あぁそう、成ちゃんはさぁ・・・」


源氏名!?

どうして気持ちは、言葉にならないんだろう?

2005年7月26日 たいふう

台風一過。
私これをずっと、台風一家と変換してました、頭ん中で。
しかも結構大きくなるまで。

そんなこんなで今日は台風です。
久しぶりに長男が帰ってくるのよ、そんな台風一家のお母さん的気分でニュースを見てました。

私の中で台風っていえば、ロウソクで食べる夜ご飯、ロウソクで入るお風呂、ロウソクの下でやる宿題、そんな風にロウソクと切っても切り離せないのが、台風。
子供の頃とか、うきうき気分で2センチ浮くくらい台風待ってた。
水が止まるとか言って、家中の「底が深いもの」に水をためてくのな、あれも楽しかった。(結局大抵無駄になる)
学校休みになって欲しくて。
できれば建物とか、なんか町とか、ちょっとぐちゃぐちゃになってれば笑える、そんなミニ破壊願望を抱いたような抱いてないような。
「普段で出ない緊迫」が楽しくて楽しくて、お母さんに怒られても私は笑っていました。

台風が面倒くさくなったのは大学生の頃。
「授業が急に休み」でも大学ってモノは緊急連絡網とかないから誰も教えてくれない。だから、どうせ休むんだろうな、そう思いつつ一応学校に行って掲示板見ると案の定休講。
ああ、もぅ!家出る前に教えてよ誰か!

あと今はフリーター。
長男台風が帰省しようがバイトはバイト。
悶々とバイト先まで遅刻せずに行ける方法を考える寝起キング俺。
結局正攻法しかないだろと駅へ。
ちょっとずつ乱れてるダイヤ。
ああ、もぅ!なんで電車なのにダイヤ!?

台風も、一緒に大変がれる家族だのなんだのがいないと、「あぁ、ただの災害なんだ」と当たり前に思う。
それはなんてつまらない。
ねぇ誰か私と緊迫の楽しさを笑いましょうよ。

なんでお前なんだよ。

2005年7月25日 はれあめたいふう

行ってきました。
歯医者。
寝不足だけど、暑くてぐだぐだしてるけど。
痛いよりマシっす。

先生「あぁ、前に腫れていたところは治りかけてますけど、違うところが腫れてきてますねぇ。」

まだ峠越えてなかったっす、炎症!
そりゃ痛いわ、炎症!


先生「膿は出しておきました。これだけ抜けたのでもうこれ以上ひどくはならないと思います。」

出されろ、膿!
どんだけ出たんだ、膿!
もう出てくんな、膿!

海!


痛みが和らぎまずしたことは・・・ご飯食べた。
痛くなかったわけではないが、和らいだ今がチャンス!

風呂入って、今日こそ稽古に行く。

頭の中にハエがいるんだ。

2005年7月24年 はれはれ

治らねぇ。
とにかく歯茎が治らない。

右下の親知らず部分が腫れてるんですが、はっきりと熱をもち、だんだんあごまでもが痛み出す。
ご飯を食べるのも時間がかかります。

私は普段、医者に処方してもらった薬を飲んでいるとき、飲み終わる前に治ってしまって余ることがほとんどです。
今回処方されたのは4日分。
今日飲み終わります。
で、治らねぇ。

もうねぇ、限界よろしくですよ。
電夏メンバーと呑みュニケーションしてる場合じゃないっすよ。
明日稽古だっつの!
明日稽古だっつの!

寝不足に寝不足を重ねて、起きたり寝たりが不規則すぎて、
「いつ薬飲むのが正解?」
みたいな飲み方してたのが悪いのか。
単純にこの薬がきかないのか。
薬が効かない体なのか。
薬が効かない体?薬の量にくらべて体が大きい?大きい?・・・象?・・・象のハナ子?
そうかぁ私は、戦時中に、出された毒りんごを食べずに、餓死を選んだ象のハナ子かぁ。


・・・違うわ!!

あぁ、痛い。痛いことを面白く書こうと努力する気にもならない。
明日寝不足にむち打ってでも病院にいきましょう。

アイルビーバーーック。

2005年7月23日 くもりじしん

電車ってのは日々色んな人がたくさん乗ってるもんで、とにかく物語りの宝庫です。
今日も今日とて、プチ物語。

家からの最寄駅に到着し改札を抜けんとしたその瞬間、切符を入れてる私の手にが触れたのです。

いやね、確かに私は自意識過剰。
それで何事かと思ってしまう私は、自意識過剰。

しかしですよ、そのの人が発した次の一言を聞けば、私の自意識過剰もいたしかたなしと思ってもらえるんではなかろうかと思います。ちなみに声からして一瞬で男の人だと分かりました。

手の人(ほぼ雄叫び)「アイワナファーーーック!!」


えーっと・・・ここで?


とにかくもう、物理的な声の大きさにまずびっくり顔な私。
おもわず突っ込みも的をはずします。(しかもやはり自意識過剰)
度を超えた求婚かとすら考えました。

何事が起きたのか状況の把握に手間取る周囲の人々と私。

前進しながらゆっくりと後ろを振り返り声の主を盗み見ると・・・
何のことはありません。
彼はヘッドホンから大音量で流れつつも彼にしか聞こえない恐らくハードコアな感じであろう音楽に、無我夢中。
無我夢中な人間のやることは、意味不明で傍迷惑で、しかも滑稽に笑えるもんで。
彼は、もう都会とは呼べない、深夜になればこんなにも静かな街で、しかも駅前で、つまり路上で、ヘッドバンキングをかましてました。
かましつつ叫んで、またかまして。

もうねぇ、逆に趣深いって話ですよ。

アイワナファーーック!な君よ。
君に幸あれ。
薬やってんなら今すぐやめろ。

絶対キレイになってやる。

2005年7月22日 はれくもり

今日は楽しみにしていた『キレイ』の観劇の日です。
主演が交代というアクシデントもありましたが、私は大人計画自体がわりと好きなので、あんまり関係ありません。

問題なのは一枚あまったチケットでした。

人づてになんの苦労もなく手に入れたこのチケット。
すでに金を払ってしまっているし、ピアは発券後のキャンセルは受けてくれないので、ピアにキャンセルとは言えません。

一緒に観に行く予定だった元同居人が仕事のため行けないと前々から連絡があったのに、「このチケットなら誰かほしがるにちげーねー」私はそう考えぎりぎりまで放っておいたのです。

で、前々日にやっと一緒に行く人を探し始め愕然。
だって、「金がない」「時間がない」「主演が変わっているから嫌」
こんな答えしか返ってこない。

うわぁー。どうしよう。

困った私は考えました。
だったら並んでいる人に売ってしまおう。

で何時間か早めに現場へ。
いますよ、並んでる人。

私「S席のチケットいりませんか?」

そこに並んでる人皆「いりません」

きゃーー!!どうしよう。

私は体調不良のため、そして前からの持病人見知りな為、初対面の人にこんな声かけ運動ただの拷問です。しかし、ただでこのチケットを無駄にするなんて、難病「貧乏」が許しはしません。

気を取り直し1時間後にもう一度チャレンジ。
増えてますよ、並んでる人。

私「S席のチケットいりませんか?」

最初に声をかけた女の人「手持ちのお金が足りないんですが、譲ってほしいです」

天使かと思いました。
足りなくてもいいじゃない、どうせ席は隣同士、逃げられませんよ私から。
それにこんな早くから列にならんでキャンセル待ちしてる人に悪い人なんているわけない。
私の脳内駄目コンピューターはそう答えをはじき出し、まんまと交渉成立。「お金は後で・・・」そういう私に対し女性は

「じゃ、持ってるだけでも先に払います」

神様かと思いましたね。
他人万歳!捨てたもんじゃないね、東京。
難病「貧乏」もこれで痛みがやわらぐってもんです。
これからその『キレイ』がはじまります。
さっきチケット売った神様にもう一度会えます。
残りのお金をもらったあかつきには、友達になってしまおう。
なんせ神様だもの。

プロフィール

成

  • Author:成
  • 1981年生まれ
    福島県出身
    射手座
    B型
    末っ子
    丸い女
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カウンタ。
FC2カウンター
今見ててくれてる方の人数。
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。